<はじめに>


ファシリテーションとは学習を促進・加速したり、深めたり、援助することです。

ファシリテーターとは学習を促進・加速したり、深めたり、援助する人(あるいは役割)のことです。

25年間ほど教育の現場に身を置いている中で、私がたどり着いた教育者としてのスタンスの取り方が「ファシリテーター」です。


Pasted Graphic 1
初期の頃、学習塾の講師であった私は、学習するべき事柄を易しく・わかりやすく・習得しやすいようにかみ砕いて「学習者」に与えることを使命と考え実践していました。ところがある日、学習者そのものの機能(学習する能力)やその人自身がほとんど成長していないことに気がつきました。学習すべき事項を記憶することは順調に進んでいますが・・・。
そこから「教育者」としての私の模索が始まりました。

そして、今、私は...


・今の自分をふりかえり、
・自分自身の問題・課題を発見し(他人から与えられるのではなく)、
・その問題・課題の解決・達成方法を自身で見つけ出し、
・その問題・課題が解決・達成されるまで、行動する。
・そして、また新たな次の問題・課題の発見へと進んでいく。

 このような過程を経た時に、大きな「学び・気づき」が生まれるのではないかと考えています。

ファシリテーターとしての私は...


・学習者自身の問題・課題が浮き彫りになるような場を設定します。
 学習者との対話や関わりの中で、学習者自身の問題・課題を浮き彫りにします。
・解決策や達成の方法を自身で考える場を設けます。
・問題・課題が解決・達成されるまで、学習者に寄り添います。

具体的には...


体験学習・研修・セミナーをデザインし、実施をします。
・チームやグループの問題解決・アイデア創出・合意形成の支援をします。


<具体的なセミナー・ワークショップ例>


      ●人間関係を学ぶワークショップ
      ●コミュニケーションを学ぶワークショップ
      ●リーダーシップを学ぶセミナー
      ●組織にコーチングを導入する為の研修
      ●組織のビジョン作り
                            等々


<お問い合わせ>


   まずメールでご連絡をください。  
E-mail
   お話を伺い、ご要望にあうセミナー・研修・ワークショップを提案させていただきます。



<リンク>


   人間関係ファシリテーターの集まり「のろまひと」サイトは
こちら