Trager Approach

リラクセーションを越えた平和 (peaceful) な感覚を呼び覚まします。


Dancing Cloud
トレガーアプローチはボディワークの一種で「動きの再教育法」とも呼ばれています 。長年のクセや習慣から凝り固まって、私たちの本来の自然な動きを妨げている筋肉に、新しい自由な動きを提示して学習させていくものです。

トレガーアプローチの開発者、ミルトン・トレガー博士(米国1909~1997)は、「私たちがアプローチするのは、身体ではなくマインドなんだよ。硬い筋肉の中に感じられるものは、マインドに蓄積した緊張なんだ」生徒にこう繰り返し語っていました。


<セッションの内容>


トレガーワークのアプローチの方法は、二通りあります。
プラクティショナー(施術者)がクライアントに対して行う「
テーブル・ワーク」と、自分自身で身体を動かす「メンタスティックス」です。通常1セッションの中で両方行います。

テーブル・ワーク
テーブル・ワークでは、マッサージテーブルの上のクライアントの筋肉を優しく撫でたり、揺らしたり、伸ばしたりして、さまざまな動きを与えていきます。(少しでも痛みや不快感があると筋肉が防衛反応を引き起こし、収縮して今までのクセを守ろうとするので)痛みや不快感のない範囲で心地よく相手の身体のリズムや可動域を尊重して行うのが原則です。

メンタスティックス
メンタスティックス(Mentastics=mental+gymnastics[心の体操])は、テーブル・ワークで味わった感覚を日常生活でも活かしていけるよう、自分の身体を動かしながら心地よい感覚を探っていくセルフケアの方法です。



<セッションの流れ>


 まずメールでお問い合わせください  
E-mail
       ↓
 セッション日時の予約
       ↓
 カウンセリング(体の調子などをお伺いします)
       ↓
 メンタスティクス(体の調子を見ながらセルフケアの方法をお伝えします)
       ↓
 テーブルワーク(施術者が行います)
       ↓
 メンタスティクス(テーブルワークで得られた感覚を日常に生かす方法をお伝えします)
       ↓
 (お帰りなるまでおおよそ2時間です)


<お願い>


●セッション中の服装は出来るだけ半袖のTシャツと短パンでお願いします。長袖やロングパンツでしたら薄手のものにしてください。エアロビ用のスパッツやデニム地など、筋肉を締め付けたり、動きを妨げるような厚手の服装は避けてください。

●トレガーワークは飲酒後(アルコールの残った状態)、麻酔剤、炎症を抑えるお薬などを服用されている状態、また、完治していない骨折、3ヶ月以内に関節の手術を受けた方、血栓性静脈炎などの症状がある方は受けていただくことはできません。

●トレガーワークは セッションで全身がリラックスすることによる自己治癒力・免疫力の回復に大きな助けとなりますが、医療に代わるものではありません。現在治療中や経過保留中の方は、必ず担当の医師にご相談の上、許可を得てお越し下さい。


<リンク>


日本トレガー協会準備会・公式ホームページ  
http://www.trager-jp.com/
国際トレガー協会ホームページ(英語)    
http://www.trager.com/
アメリカ
トレガー協会ホームページ(英語)   http://www.trager-us.org/