思考力について


「記憶する」勉強と「思考する」勉強の両方が大切です。
「記憶する」勉強だけをしていると、いわゆる指示待ち人間になってしまいがちです。

「思考する」勉強を幼児期から取り入れておくと、
 ●問題を発見する力がつきます。
 ●正解かどうか、自分で確かめる態度が身につきます。
 ●最後までやり遂げる力がつきます。
 ●できたとき、わかったときの大きな喜びを体験することができます。
 ●問題に対して集中の度合いが高まります。